本文へスキップ

業務改革プロジェクト実践研修

トップページ / セミナー・研修 / 業務改革プロジェクト実践研修


業務改革プロジェクト実践研修は、企業が業務改革を推進する上で必要・不可欠とされる上流工程の業務スキルを、実践中心の研修を通じて、参加者の皆様に修得していただく事、を目的としています。

【直近のコース】
2015年1月~3月コース (コースの募集要領などは、こちら

業務改革プロジェクト実践研修は…

  • 理解を深める体系化されたカリキュラム
  • 少人数制のメリットを生かした、全員参加のプレゼンテーションやセッション・討議が中心
  • 10年以上のキャリアを有する現役コンサルタントが、プロジェクト形式で研修を運営

お申込み頂きたい方

  • 業務改革プロジェクト等のメンバーとして現在、活躍されている方
  • 各々の職場で今後、リーダーやマネージャーを目指している方
    (次のリーダー、マネージャー)
  • そして何より、やる気のある方


NEW!! 受講者の皆様から頂いた主な感想

  • 業務改革で悩んでいる方、業務改革が進まず困っている方は是非とも受講してください。
    (運送業)
  • 少人数で課題重視の実践方式なので講義だけより、はるかに身に付きました。
  • 管理部門の人だけでなく、営業でもとても勉強になり、今後の業務に活かせる内容でした。
    システム会社の営業としては、営業をする上での考え方から考えさせられました。
  • この様な研修は初めて受講しましたが、非常に実践的な内容で、大変勉強になりました。


【研修の狙い】業務改革の上流を学ぶ

  • 業務改革とは、
    現状の業務にこだわらず、ビジネスプロセスを抜本的に再設計・再構築すること
    です。
  • 効果的に業務改革を進めるには、最初の段階(企画段階)で、ボタンの掛け違いを起こさない様に、「仮説・改革構想」を体系的、論理的に策定する事が不可欠です。
  • 「業務改革プロジェクト実践研修」は、
     ・業務分析から問題の洗い出しと課題整理について
     ・体系的な研修の流れの中で
     ・プレゼン・討議による実践を通じて
     受講生の皆さんの企画力の向上をお手伝いします

【研修の特徴】実践力を高める研修・実践サイクル

     

実践する

  • 本研修では、知識を得るだけでなく、実践を通じて理解を深める事に力点をおいています。
  • 現に、研修全体の2/3の時間を実践に割いています。また、次回研修の準備として課題に取組む事で、一層の実践力向上を狙います。
  • また、自らがまとめた内容を元に社外の人と討議する事で多様な視点・観点(考え方)の醸成を図ります。
  • 真の理解を得る為、プレゼンとセッションに多くの時間を割り当てています。
    

すぐ聞ける

  • 経験10年以上の現役コンサルタントが講師
  • 持ち帰り課題(調査・まとめ)で生じた疑問や質問は、各研修会の専用アドレス(メール)を使って、気軽に相談・確認が可能一層の実践力向上を狙います。
  • 「聞きやすい」少人数編成の研修。
  • 研修終了後には、交流会・意見交換会を開催。

理解する

  • 業務改革の流れに沿った、体系的な研修カリキュラムを用意。
  • 各受講者の皆様が所属する企業・組織の事業や業務を題材に研修を展開
    (今迄、気が付かなかった自社の課題の再発見のみならず、研修専用の題材では対応できない深掘りした考察が可能)
  • 自然に身がつく一連の研修サイクル 説明→調査→まとめ→プレゼン→討議

     

研修期間・研修日・募集人数

  • 募集コース  2015年1月~3月コース
    • 2015年1月〜3月  
    • 所要日数   6日間(6回)
    • 隔週の金曜日 16:00 〜 18:30(最長)
    • 各回の開催予定日

      第1日目  1月16日(金)
      第2日目  1月30日(金)
      第3日目  2月13日(金)
      第4日目  2月27日(金)
      第5日目  3月13日(金)
      第6日目  3月27日(金) ※最終日

      なお、業務都合などで参加できない場合は適宜、代講を開催します。
    • 募集人数 6名 (1社あたり、2名以内とさせて頂きます)


研修会場

  • CIOパートナーズ 会議室   
               

     

        写真:研修風景


受講料

  • 受講料  ¥50,000.- (税込¥54,000.-)


  • 法人申込み、個人申込みともに同額です。
  • 受講料のお支払をもって、正式申込みと致します。
    まずは、当社ホームページより仮申し込み、資料請求、もしくはお問い合わせください。