本文へスキップ

過去のツイート(3月)TWEETS OF MARCH

トップページ / 過去のツイート / 2013年3月

←次月 前月→

2013年3月

3月28日
好業績企業の共通点

高い利益が予想される発表の楽しみな企業が多いです。ただ好決算の要因は為替だけでなく、円高時代に全社一丸となって構造改革に取り組んでいる点を見逃す訳にはいきません。これから円安や賃金アップで原価上昇が予想される中、勝ち負けが一層、鮮明になりそうです。
3月22日
システムコンサルへの見方

問題点を指摘するばかりで整理ができず要件を増やすだけのコンサルタント、まるで営業マンの様なソリューション紐付きコンサルタントに飽き飽きしている会社が本当に多いです。もっと「人を相手にしているサービス業」としての自覚が必要ではないでしょうか?
3月18日
優良株主

利鞘や優待・配当狙いの「短期保有の小口株主」に対する企業側の負担はバカになりません。ある企業は近1年で増加した株主の98%がこうした株主だったそうです。単純に株主数の増加を良しとするのではなく、株主も顧客も取引先も長く付き合う事こそ大切ではないでしょうか?
3月15日
考働指針

先日、伺った某老舗メーカー様で、素晴らしい考働指針(行動指針)に出会いました。ポジティブ思考、ロジカルシンキング、コミットメント・・・様々な用語が泡の様に浮かんでは消える昨今ですが、「仕事とは何か」といった本質は今も昔も全く不変だと改めて実感しました。
3月13日
株主にとってのブランド価値

株主との信頼醸成の重要性が叫ばれて久しいですが、曖昧なスローガンになっているケースが多いと感じます。本当に重要な株主ブランド価値とは、不祥事などで株価が下落する局面でも買い支えてくれる「事業の将来性」を信じる株主の多寡ではないでしょうか?
3月11日
BCPの本質

BCPを災害対策マニュアルの延長で捉える会社も少なくありませんが、本来は明確に区別されます。BCPの本質は「使える経営資源が制限された発災後のビジネスモデルの確立」にあり、その為には災害時に自社が担うべき社会的責任(CSR)を起点に検討すべきといえます。
←次月 前月→